Sunday, April 20, 2014

Music to my ears/微妙な英語を聞くのは音楽みたいです

While living in the Silicon Valley for over 20 years, I have had the opportunity to study with and work with people from all over the world. Although we all somehow managed to communicate in English, everyone had varying levels of fluency. Interestingly, people from similar regions seemed to share the same grammar mistakes and odd word choices.

However, this is not a bad thing! In fact, listening to foreigners trying to speak English has often been music to my ears. Depending on the person, it would even beat listening to music!

Now living in Tokyo among the Japanese, I hear music almost every day... perhaps my tattered Japanese is music to their ears as well?

Have you had the same experience as me? Have I been having too much fun by myself? Feel free to leave a comment.

-----
20年間以上シリコンバレーで住みながら、世界のどんな国からも来た人と勉強して働くいい経験がありました。みんなは何とか英語でコミュニケーションができましたが、英語の能力は人によって変わりました。面白いですが、同じ地域から来た外国人は同じ文法の失敗をして、同じように変な言葉を選びました。
しかし、これは悪いことではないですよ。私にとって外国人の英語は音楽みたいです(music to my ears)。人によって、音楽を聴くより面白かったですよ。
現在は東京に日本人とともに暮らしていますが、大体毎日「音楽」を聴きます。もしかすると、私の微妙な日本語も日本人にとって「音楽」です。
--
「music to my ears」のイディオムの意味は2つあります:
1.朗報
 例)You got accepted to UC Berkeley!? That's music to my ears! Let's party tonight! ー> バークレー大学に入学だと!?朗報だよ!今晩はぱてぃーしよう!
2.聞いた音は音楽みたいに快適です。
 例) Her voice is music to my ears. -> 彼女の声は快適です。

ちなみに、女性に声が美しいと言いたければ、「You have the voice of an angel」も言えます。直訳は「君は天使の声を持っています」。

読者さんへ:どう思いますか。外国人の微妙な英語は面白いですか。コメントをしてください。

No comments:

Post a Comment